療法士が通勤中に着るべき服装

療法士の制服

こんにちは、あいひろです。

 
あいひろ
理学療法士・作業療法士の方々は通勤中の普段の服装も、周囲に見られていることを意識することが大切です。周囲の人は声には出しませんが、通勤中のあなたの服装を見て、ネガティブなことを思われているかもしれません。職場に着いたとき、ずっとあなたの印象は良く思われないかもしれません。

今回は「療法士が通勤中に着るべき服装」について解説していきます。

普段の服装について、あまり考えないかもしれませんが、結構大事なことだと思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

療法士の通勤中に着るべき服装

通勤中の服装

 

理学療法士・作業療法士の方々は白衣など制服がある職場も多いと思います。

もちろん制服がない職場もあるようですが、僕は療法士には制服があった方が良いと考えています。

その理由は下記にも解説しますが、制服があった方が様々なメリットがあります。

…話がそれましたが、最初に「療法士が通勤中に着る服装のススメ」について説明していきます。※個人的意見になるので、他意見があったらコメント欄にでも教えてほしいです

まず出勤中に着るべき服装は「シンプルで清潔感のある服装」が基本です。

まずNGな服装があります

  • 肌の露出が多い服装(短パンなど)
  • Tシャツに派手な文字が入っている
  • 目立ちすぎるカラー(赤・ピンクなど)

上記の服装は周囲から見ても、あまり好ましく思われません。見た人は言葉には出しませんが「関わりづらい…」と思われるでしょう。

さらに、制服がある職場で「楽だから制服のままで出勤!」は完全NGですね。これは当たり前です。中にインナーとして制服を着るのも完全NGです。

当たり前ですが制服は職場に到着してから、着るようにしましょう。

通勤中の服装を意識するべき理由

通勤中は知らない人・知っている人に会うこともあります。

通勤中にだらしない服装をしていたら、知らない人も「この人なんかだらしない…」なんて思われることは十中八九でしょう。

ほぼ確実に「だらしない」と思われてしまうわけです。

男性ならカワイイ女の子にそう思われたら、もしかしたら立ち直るのに時間がかかるかもしれません…。

誰に見られてもいいように、普段から服装はしっかりしておく必要があります。

職場は制服があった方がよい

幸せに働いている療法士の女性

また職場は制服があった方が良いです。

理由は「プロ意識が定着する」からです。

療法士、介護士、看護師など医療・福祉で働く職業は専門職…つまりプロです。

制服がある職場で働くとプロ意識が自然と身につきます。意識をもって対象者(患者・利用者)にサービスを提供することができます。

できるだけ制服がある職場で働くことをオススメします。

記事のまとめ

療法士の制服

  • 通勤は「シンプルで清潔感がある服装」が好ましい
  • 派手なロゴ、目立ちすぎるカラー、肌の露出が多い服装はNG
  • 職場に制服があるとプロ意識が定着する

服装は信頼度を高めるためのステータスの1つです。

それは理学療法士・作業療法士としてプロ意識を向上させることにもつながってきます。

ぜひ今日・明日から毎日来ている通勤中の服装を見なおしてみてはどうでしょうか?

ありがとうございました。

療法士の制服
最新情報をチェックしよう!