家庭用キッチンハイター使用!次亜塩素酸ナトリウムの作り方【新型コロナウイルス対策】

こんにちは、あいひろです。

当記事では『家庭用キッチンハイターを使用した次亜塩素酸ナトリウムの作り方【新型コロナウイルス対策】』について紹介していきます。

新型コロナウイルスの感染は「接触感染」について広がるといわれます。

接触感染について

接触感染は人間の手についた病原菌などのウイルスが、自分や他の人に触れて、そこから感染してしまうこと。また自分の手からモノ(手すり・スイッチなど)を媒介して他の人に病原菌をうつしてしまうこと。

人間の手には、かなり「見えない病原菌」が付着しています。その手で無意識にいろいろなモノに触っていますよね?

日常生活でよく触れる「ドアノブ・壁際のスイッチ・電車のつり革・スマートフォン・パソコンのキーボードやマウス」など。そういったものに手でよく触れるため、見えないウイルスがかなり付着しています。

そのために定期的にウイルス殺菌していく必要があるわけです。

この記事で解説していること

  • 次亜塩素酸ナトリウムの効能
  • 次亜塩素酸ナトリウムの作り方
  • 次亜塩素酸ナトリウムの使用の注意点

まずは『次亜塩素酸水の効能』について解説します。

次亜塩素酸ナトリウムの効能

ウイルスの症状と対策

次亜塩素酸ナトリウムとは塩素系漂白剤を希釈して作ることができます。

厚生労働省が推奨する「次亜塩素酸ナトリウム」とは、細菌やウイルス(ノロウイルス・コロナウイルスなど)に対して殺菌効果のある除菌水として定められています。

一般的にはアルコール消毒液がなくても、次亜塩素酸ナトリウムも有効として使われます。医療現場では病院・福祉施設でも殺菌消毒液として使われています。

殺菌効果はありますが、人間の手でふれると手が荒れたり、金属に使うと腐食したりする場合があるので注意が必要です。

また保管時も直射日光が当たらないようになど注意が必要です。※以下にも詳しく記述しておきます。

次亜塩素酸ナトリウムの作り方・使用法

家庭用キッチンハイターで作る次亜塩素酸ナトリウム

それでは『家庭用の次亜塩素酸ナトリウムの作り方』を紹介していきます。

必要なもの

  • 家庭用キッチンハイター(※ここでは『花王』を使用します)
  • ペットボトル500ml
  • 手袋
  • 計量カップ or ペットボトルのキャップ
  • マジックペン
注意点として、事前に換気をしておきましょう。キッチンハイターはこぼれないように注意しましょう。こぼす危険性があるならば、事前にタオルを敷くなど準備をしておきましょう。また手にも触れないようにしましょう。

作り方

それでは作り方を解説していきます。

※ここで解説する『次亜塩素酸ナトリウム』は0.05%に希釈したものです。

そして以下の「次亜塩素酸ナトリウム」は清掃用に消毒液であり、決して手指用に使ってはいけません。もし手指に使うとひどく荒れてしまいます。

  1. 作る前に手袋をする
  2. ペットボトル500mlに水を入れる
  3. 水が入ったペットボトル500mlにキッチンハイターを12.5mlを入れる(ハイターを計量カップに入れて調整 or ペットボトルキャップ2.5杯分)
  4. キッチンハイターが入ったペットボトル水をふたを閉めて軽くシェイクする(絶対にこぼれないようにする)
  5. ペットボトルにマジックペンで「消毒液 0.05%」など、分かりやすいように書いておく(水など誤飲を防ぐために書く)

ちなみにペットボトルキャップ1杯分で5mlの容量があります。

「次亜塩素酸ナトリウム」を手指用に作りたい場合は、濃度0.02%に希釈する必要があります。

その場合は水500mlをペットボトルキャップ1杯分で希釈するようにしましょう。

使用方法

いろいろな使用方法がサイトで解説されていますが、ここでは比較的安全な使用方法を書いておきます。

使用方法としては『手袋をはめて、使い捨てのキッチンペーパーなどに次亜塩素酸ナトリウムを少量ふくませて、感染対象のモノをふき取る』

最後に『次亜塩素酸ナトリウムでふき取ったモノを水拭きする』です。

拭くときはタオルでもよいと思いますが、使い捨てのキッチンペーパーなどを使った方がよいと思います。

金属などは腐食するので、より丁寧に水拭きしたほうがよいです。

またスプレーは空気中に放散する可能性があるので、キッチンペーパーなど拭き物をスプレーに近づけてから使うようにしましょう。

次亜塩素酸ナトリウムの使用・保管の注意点

ウイルス感染対策

最後に『次亜塩素酸ナトリウムの使用・保管の注意点』について解説します。

まず使用時についてですが、上記でも書いたことと重なる部分がありますが、注意点はいくつかあります。

使用時の注意点

  • 事前に換気をしておく
  • 手袋をはめて、手には触れないようにする
  • 使い捨てキッチンペーパーなどに、少量を含ませて使う
  • スプレーは空気中に放散する場合があるので使わない方がよい(喉や目に入ると悪影響がでやすいため)

最後に保管時の注意点です。

結構、保管についてはしっかりしておかないと大変なことになるので注意です。

保管時の注意点

  • 直射日光があたらないように保管する
  • 子供などにより誤飲を防ぐため、手が届かないところに保管する
  • 希釈した次亜塩素酸ナトリウムは時間が経過すると効果が弱まるので注意が必要

新型コロナウイルスなど流行時はアルコール消毒物がなくなりやすいので、家庭用のキッチンハイターなどを使用して、希釈した次亜塩素酸ナトリウムを作ることをオススメします。

ただ使用方法、使用・保管については十分に注意しましょう。

僕は医療職(作業療法士)であるため、感染予防には詳しい方です。

僕が勤めている医療現場でも感染対策はしっかり行っています。日ごろからこういった対策をしっかり行えているからこそ、ウイルス感染拡大を防げているのだと思います。

実際に看護師を筆頭にウイルス感染対策に必要なことは介護士や栄養士など、多職種の連携は大切であり、専門職の危機感がある行動が大切です。

しかし職場によってウイルスなど感染予防対策は差があるようです。なるべく徹底した対策を行っていくように環境を整えていきましょう!

感染対策は看護師を筆頭に実践している職場が多いです。

逆に感染対策をしっかりできていない職場は、対象者(患者・利用者)や家族にも信頼されない職場ともいえるでしょう。

感染対策は毎年のことなので意識して対策をしていくことが必要です。

その知識は仕事だけでなく、生活の場面でも大いに役立ちます。

何度も言っていますが改めて言います。新型コロナウイルスをはじめ、ウイルス感染予防には1人1人の正しい知識と危機感を持った行動が大切です。

自分が感染者と思い、大切な人を守るために行動しましょう!

今回は以上です。

ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!