コロナ禍による介護士人員不足の問題点

介護士人材不足

こんにちは、あいひろです。

過去に、デイケア・特養にて介護の仕事をしており経験を積んできました。

 
あいひろ
コロナウイルスが全国で蔓延している中、介護士の退職、体調不良による休暇などにより介護士の人員不足も続いています。私も人員不足の中、施設理事から一時的にですが、協力の依頼を受けました。

この記事では「コロナの影響で介護人員不足が続ている件」について書いています。

この記事で分かること

  • 介護人員不足が続いている理由
  • 【体験談】介護士の加勢に参加
  • 今、人員不足の中で私たちができること

コロナ禍の状況の中、少しでも「現状の介護士人材不足の問題点」と「人材不足に対する問題点」を解決できる参考にしていただけたら幸いです。

【厳選】介護士の求人・転職無料サポート

かいご畑|地元で仕事が探せる厚生省認可の求人サービス

介護士業界で有名な求人・転職サイト。
①介護士の資格が0円で取得できる。②短時間OK・残業なし・給料多めなどの好条件求人あり。③専任コーディネータによる就職サポート付き。

介護士の人員不足が続いている理由

先日、以下のツイートをしました。

上記ツイートのように、現代社会で続いている介護士の人員不足は以下のことがあげられます。

  1. 介護士の人材獲得の競争が激しい
  2. 介護士になる人が減っている
  3. 現場での労働条件が良くない

①は介護士が仕事をする範囲は広いですが、共通して言えることは、どこの会社でも介護士の人材獲得の競争が激しいということです。

②は単純に介護士になる人が減ってきているようです。やはり介護士の仕事の大変さ、満足した給料が貰えないなどが挙げられます。

③は職場によりますが、労働条件が良くないことが挙げられます。人員不足に加え、対象者(患者・利用者)の心身機能低下による介助量が多いことにより、介護士自身が体調を崩す人も多いようです。

女性介護士も多く人員不足の要因がある

正直、介護士には家庭を持った女性の方が多いです。介護士の現場では女性により成り立っている職場も多くあります。

そのため介護士の人員不足も「家庭を持った女性」特有の理由もあります。

  • 子供の急な発熱で休む
  • 産休や育児休暇で休む

これらの理由で突発的に休まざるを得ない、女性介護職もいるようです。

【体験談】介護士の現場での加勢をした話

訪問看護

最近、他部署(特養)で介護士の人員不足により、1週間程度ではありますが、人員不足の現場の加勢に行きました。

とにかく人が少なくて、仕事が回らないという状況だったようです。

特養の加勢だったため、介護士の労働は大変な状況です。特養は要介護3~5の利用者が入居しており、比較的生活全般において介護が必要な方が多いです。

人員不足だと、どうしてもスピードが優先されてしまいます。利用者の人数も多いため、とにかく回転率を上げるという感じになってしまいます。

とにかく目まぐるしいです…。

問題点はサービスの質が低下し、ただ必要最低限をこなすだけのルーティンになっているということです。

人員不足の中で、私たちにできること

通勤中の服装

人員不足の中で、できることは限られています。

  1. 生産性を上げること
  2. 多職種による協力体制を整える
  3. 特別な手当・休暇(役員向け)

一つずつ解説します。

生産性を上げること

人材不足でできることは限られています。

そのため生産性を上げることは非常に大切です。厚労省も介護士の生産性を今後上げていく重要性を伝えています。

生産性とは、限られた時間の中で、できるだけ多くの成果を出すことを言っています。

多職種の協力体制を整えること

これは介護士に限らず、療法士・看護師など他のコメディカルによる協力体制も整えることが大切です。しかし多職種(療法士など)に介護の仕事を与えるわけにもいきません。

理学療法士・作業療法士はリハビリのプロであり、それと同様に介護士は介護のプロです。

しかし療法士視点から言うと、療法士の知識・技術を活かして介護に活用させる方法を伝えていくことはできます。

例えば、腰痛予防のための体操、効率の良いトランスファー(移乗)、食事介助の際の対象者(患者・利用者)の姿勢を安定を図る方法、認知症利用者の心の安定を図るコミュニケーションなど…アドバイスをもらうなども必要となります。

特別手当の支給・介護お助け隊(役員向け)

人材不足のなか、現場で介護士は精神をすり減らして仕事をしています。

モチベーションを上げるというのは大切です。

そこで役員向け(選択権がある人)に提案ですが、以下の施策をするのはどうでしょうか?

  • 介護士への特別手当の支給

公休以外による欠勤(体調不良などで休む)がなかった人に対して特別手当を支給

  • 介護お助け隊を雇う

介護の補助(食事介助、見守り、清掃など)として介護お助け隊を雇う

人員不足でできることで介護士の生産性を上げる、多職種の協力体制、モチベーションを上げるために特別手当の支給は必要です。

役員(決定権がある人達)しかできないことがあります。

介護士の士気・モチベーションを上げるための方法はいくつかあるハズです。

現場の介護士の声を聴いて、叶えられることは、叶えてあげることが大切です。

【厳選】介護士の求人・転職無料サポート

かいご畑|地元で仕事が探せる厚生省認可の求人サービス

介護士業界では有名な求人・転職サイト。
①介護士の資格が0円で取得できる。②短時間OK・残業なし・給料多めなどの好条件求人あり。③専任コーディネータによる就職サポート付き。

介護士人材不足
最新情報をチェックしよう!