作業療法士がリハビリにも活用できる最強スキル3選【人生を充実させる厳選スキル】

男女のガッツポーズ

こんにちは、あいひろです。

 
あいひろ
作業療法士に限らず、人はスキルを持っていた方が人生を充実させることができます。自分が得意なスキルを持って人生をより良くしていきましょう!

当記事では『作業療法士がリハビリにも活用できる最強スキル3選』を紹介していきます。

この記事で解説していること

  1. 作業療法士がリハビリにも活用できるスキル3選
  2. 料理・DIY・ピアノのスキルをオススメする理由
  3. 自分と他者の人生、両方とも充実させる

これから紹介するスキル3選は「人によっては難しいスキル」も含まれていますが「少しずつでもいいので勉強して、修得していってほしいスキル」だと考えています。

僕も、少しずつですが勉強して修得していきます。

下記で紹介するスキル以外にも、自分が得意かつ、人に貢献できるようなスキルは持っておいたほうが良いです。

その方がリハビリ活用はもちろん、人生を確実に充実できます。そのスキルを探すきっかけになるかもしれないので参考にしてみてください。

作業療法士がリハビリにも活用できる最強スキル3選

まずは「作業療法士がリハビリにも活用できる最強スキル3選」を紹介します。

 
あいひろ
僕が個人的に思っているオススメスキルなので、絶対にこれがいい!という訳ではないのですが、間違いなく人生を充実・好転させるスキルではあると思っています。作業療法(リハビリ)にも活用できたら最高ですね!

僕がオススメする最強スキルは何なのか?というと…

  1. 料理
  2. DIY
  3. ピアノ

上記の3つのスキルになります。

僕は「料理」を得意としていますが、DIY・ピアノについてはど素人です。

しかし「料理・DIY・ピアノは今後の人生により良い影響を与えるスキル」と考えているので、料理もさらなる自己研鑽をして、DIY・ピアノについても勉強してスキル修得していきたいと思っています。

料理・DIY・ピアノのスキルをオススメする理由

なぜこのスキルが良いの?と聞かれそうなので、1つずつ理由を解説していきます。

料理

料理をする作業療法士の女性

 
あいひろ
いきなり質問ですが、あなたは普段から料理をしていますか?料理は本当に素晴らしいスキルです。僕も毎日「料理」をしています。

作業療法視点で言うならば、作業工程が多く、複雑な遂行機能能力が必要です。事前準備(キッチン環境や用品・調味料の準備など)、調理、盛り付け、食事、後片付け…など料理にはたくさんの作業工程が必要です。

環境としてはキッチンの高さ、料理の道具(包丁・まな板など)、必要時は滑り止めシートや自助具の活用も必要です。

料理工程では指先をとにかく使うため、手指巧緻性、感覚にもリハビリとしてアプローチできます。

調理工程は無限にあるレシピから自身で選択して、調理していかなければなりません。調理手順なども決まった正解はないため、自分で考える必要があります。

また料理リハビリには「栄養面」を考慮しなければなりません。

食品は何を使うのか?たんぱく質が多め or 少なめなのか?調味料(塩・砂糖・油など)はどれくらい入れるのか?…対象者(患者・利用者)が疾患を持っている場合、栄養面はかなり大切な要素になります。

また複数人で食べる場合、コミュニケーション能力が問われます。料理を食べた人が、味や見た目の感想なども伝えるときもあるでしょう。

一人暮らしで、在宅復帰を目指している対象者は「料理」は必須のスキルと言っても過言ではないでしょう。

【余談】実際に料理をしてみて感じたこと

ここは少し余談になりますが、有益な内容となっているので、ぜひお読みください。

 
あいひろ
僕はピンピンコロリ、生涯現役、生産性が高い高齢者になりたくて、健康でいようと料理を始めました。理由はアンチエイジングと介護予防に関わっており、その中でも「食事」が非常に大切な要素の1つであると考えたからです。僕は「本気で生産性が高い現役100歳の人を増やしていきたい。そしてピンピンコロリで生き抜く人を増やしたい!」と考えています。そのために「料理」というかなり奥深いスキルを学ぶことを決意しました。

料理をするようになってから、日常の中でかなりメリットが生まれたので共有します。

  • 無駄な買い物をしなくなった(コンビニに行かなくなった)
  • 節約思考がかなり身についた
  • 健康意識が非常に高まった

上記は大きなメリットと感じられた部分です。コンビニなんかいくと美味しい飲食物がたくさんありますよね。食べるなとは言わないけれど、よく選ばないとカラダに悪影響を与えるものが多いです。

あとお知らせで恐縮ですが、現在YouTubeで「あいひろ健康飯」というチャンネルを運営しています。プライベート感も入っていますが、よろしければ観てください。

※YouTube「あいひろ健康飯」

DIY

次に、作業療法士にオススメできる最強スキルは「DIY」です。

DIYとは、素人が何かを自分で作ったり、修繕したりすることを意味します。要は「分からなくてもやってみよう!」という意味です。

自助具を作ることもDIYですね。自助具と言えば「ソックスエイド」「歯ブラシホルダー」「ワンタッチハンガー」などがあります。

作業療法士の自助具がたくさん観れるサイトがあります。まさにOTの匠ですね! → 必見!OTのすご技・アイデア集

 
あいひろ
以前、病院で勤めていたときに木工を活用して、本立て・椅子・車いすのアームレストに乗せる腕乗せを、患者と一緒に作ったことがあります。とても喜ばれていました。

DIYは料理同様、遂行作業・手指の巧緻性・判断能力などが必要になってきます。また可動域や筋力など人間が持っている能力をフルに使うので、リハビリとして活用できます。

作業療法士がDIYをスキルとして持つことで、単純に「創造性の向上」「頭が良くなる」と考えています。緻密な思考能力が必要です。

ここで言う「創造性」とは最初から作り出すことを意味しています

好きなものを最初から作ることができるスキル「DIY」は、作業療法士としても、他の職業の人でも、人生においてかなり有益なスキルだと考えています。

ピアノ

3つ目に紹介する最強スキルは「ピアノ」ですね。

ピアノはですね…もうホント何て言ったらいいか「とにかくカッコいい!」です。あなたはYouTubeでピアノ演奏を視聴したことありますか?

本当に聞いているだけで癒されるのですが、弾いている人もすごくカッコいいんですよね。普段がどんなにダサい人でも、ピアノ弾いているのを見るだけで、カッコいい!って思ってしまいます。

またピアノは聞くだけで非常に癒されます。騙されたと思って一回YouTubeでピアノ演奏を聴いてほしいと思います。クラシックがオススメです。

作業療法としても、人生のスキルとしても、ピアノはやったほうがいいと思います。

以前、ピアニストで90歳女性が、普段は円背なのですが、ピアノを弾こうと備えている椅子に座ったら、姿勢がシャンと整ったという話を聞きました。

人は「人間は自分が好きなことをするとやる気スイッチが入る」んですね。

ピアノは手指や足のペダル、そして楽譜を読む、集中力が大切です。音楽療法として精神的にもアプローチができます。

ピアノはぜひ、人生に取り入れたい最強スキルの1つです。

番外編:ITスキル

番外編になりますが、僕はこれからの社会を見通して「ITスキル」も勉強していくべきと考えています。要するにテクノロジー系です。

このブログやプログラミングなど、ITスキルを勉強していくことは、時代の流れについていくためにも大切なことだと思っています。

療法士と分野は異なりますが、療法士にテクノロジー系のスキルを組み合わせることで新たな領域にも介入できるのではないかと思っています。

例えば、プログラミングができれば、理学療法士・作業療法士専用のコミュニティも作れるようになります。

アプリが作れるようになれば、療法士を目指す学生さん用に国家試験対策アプリを作ることも可能です。

決して簡単ではありませんが、時代の流れに必要なスキルです。僕もプログラミングは挑戦中です。検討してみてください。

人生を充実させることを心掛ける

人生を充実させるスキル

上記スキルはオススメ最強スキルということを解説しました。

どうでしょうか?料理・DIY・ピアノというスキルを身につけたくなったでしょうか?

もしかしたら既に得意なスキルとしてリハビリもしくはプライベート面で活用できている療法士もいると思います。

僕が考える「人生を充実させるスキル」とは条件があると考えています。

人生を充実させるためのスキル

  • 人に貢献できる
  • 自身で創作できる
  • 結果が出せる

上記の条件が当てはまったスキルである場合、人生においてプラスになるオススメのスキルになるのではないか?と考えています。

人によって得意 or 不得意は分かれます。「これが好き!」と心から言えるようなスキルがいいと思います。

スキルマーケット「ココナラ/coconala」

自分の得意なスキルを販売できる「ココナラ」を知っていますか?

「ココナラ」は自分の得意なスキルを、必要な人へ販売することができます。デザイン・イラスト・悩み相談など自分が得意なこと何でもOK!

人に会わないため、コロナウイルスなど影響に左右されず、オンライン完結で自分のスキルを販売することができます。

僕も「ココナラ」を活用しており利益を出しています。スキル上達以外にも、自分のお小遣い・副収入を得るチャンスになるのでオススメです。

簡単!「ココナラ」無料会員登録はこちら

記事のまとめ

当記事では『作業療法士がリハビリにも活用できる最強スキル3選』を紹介しました。完全な個人的主観でオススメスキルを紹介したのですが、どうだったでしょうか?

記事の内容をまとめると…

  • 作業療法士の僕がオススメしたいスキル3選

①料理、②DIY、③ピアノの3つを紹介しました。他にも番外編としてITスキル(プログラミング・ブログ)を紹介しています。

  • なぜ、上記スキルをオススメしたいのか?

リハビリにも活用できること、創作活動であること、遂行機能など認知能力向上が鍛えられること、人生を生きていく上で必要なスキルであること、そして何よりカッコいいこと!を条件に選択しました。

人生においてスキルは個々の価値を高め、その人の人生を充実させることができると考えています。

ぜひ、自分だけの得意なスキルを身につけましょう!

そしてスキルを修得したら、そのままにせず世の中に情報発信していきましょう!多くの人に貢献することで、あなたの人生はより素晴らしくなります。

自分の持っているスキルを人に貢献することで、その人はもちろん、自分も幸せを感じることができます。

スキルマーケット「ココナラ/coconala」

自分の得意なスキルを販売するなら「ココナラ」がオススメ!

「ココナラ」は自分の得意なスキルを、必要な人へ販売することができます。デザイン・イラスト・悩み相談など自分が得意なこと何でもOK!

僕も「ココナラ」を活用しており利益を出しています。スキル上達以外にも、自分のお小遣い・副収入を得るチャンスになるのでオススメです。

簡単!「ココナラ」無料会員登録はこちら

僕も今後の人生は「料理」のスキルは勉強して身につけていきたいと思っています。

またITスキル(ブログ・プログラミングなど)も挑戦中です。

ぜひ、参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

男女のガッツポーズ
最新情報をチェックしよう!