要介護認定の有効期間が最長4年に延長

要介護認定 最長4年

こんにちは、あいひろです。

特養では要介護3~5の方を対象にOTとして個別リハビリを実施していました。

今回は「要介護認定が最長4年に延長される」という内容です。

この記事で分かること

  • いつから施行されるのか?
  • 要介護認定が最長4年になる理由
  • 今後求められること…

要介護認定が最長4年になります

2021年2月26日に厚生労働省より介護保険の規則が変更されたようです。

その中の内容で、従来は要介護認定は最長で36ヵ月(3年間)でしたが、今後は48ヵ月(4年間)に変更されるという内容になります。

いつから施行される?

実は私も最近知った内容だったのですが、この話は去年の末ぐらいから、厚生省で開催された議会から話が発足されたようです。

施行は2021年4月1日からとされています。

延長の対象は2次判定で前回同様の結果がでた対象者となるようです。

要介護認定が最長48ヵ月(4年間)になる理由

一つは業務軽減が挙げられます。

要介護認定者が全国に増えていることが考えられます。

そのため、認定更新に基づき時間もかかっていました。介護保険業務を行う人材不足も日に日に深刻になっており、業務軽減を図るためと考えられます。

現場の負担増は想像以上のようです。

さらに申請件数増加に伴い、スムーズに手続きを行っていく必要性も挙げられます。認定は申請してから原則30日以内とも言われています。しかしその限られた日数を超えていたことも現状でした。

そのために制度を変える必要があったと考えれます。

もちろん、前回更新時と要介護度が変わらないことなど条件があります。

今後求められること

今後求められることは、要介護度状態が変わらない対象者を増やしていく必要性もあるのかな…と考えています。

前回更新時と状態が変わらなければ、ケアマネは市区町村の職員は負担は軽減されると思います。

負担軽減されることにより、業務がスムーズになり、生産性も上がると思います。人材不足による問題も多少改善されると思います。

今求められていることは、業務の効率化・生産性の向上です。

これはどの職種にも言えることですが、とくに人材不足が加速している中で、医療・福祉に携わる人は意識するところではないでしょうか?

そのなかで互いが信頼・尊敬しあい生産的な仕事ができるといいなと思います。

今回は「要介護認定が最長4年に延長」という内容についてでした。

ありがとうございました。

要介護認定 最長4年
最新情報をチェックしよう!