【貯蓄力向上】固定費を見直して節約しよう

療法士の年収を500万円以上にあげる方法

こんにちは、あいひろです。

 
あいひろ
みなさんは貯金できていますか?貯金できている人、できていない人がいるようです。貯金できている人は、あることをとても意識しているようです。貯金できている人、できていない人の理由を明確にして、貯金ができるように解説していきたいと思います。

今回は『固定費を見直して節約しよう』という内容です。

理学療法士・作業療法士・介護士の職業はハッキリ言って、「どちらかというと年収が若干低い職業」にあたります。※都道府県でも年収は異なってきます

療法士・介護士の平均年収

  • 理学療法士・作業療法士 全国平均年収:406万円
  • 介護士(介護福祉士含む) 全国平均年収:378万円

全国の平均年収は約440万円程度と言われています。

理学・作業療法士、介護士の職業は、あまり言いたくないけど、正直低いほう…それならばそれなりの「生活にかかる固定費」の対策が必要です。

僕は、年収が高かろうが、低かろうが、固定費を減らして生きていくことは大切なことだと考えています。要はどんなに金持ちでも贅沢はしない生き方です。

人生は働いたお金で、たまに贅沢をするのが幸せな生き方です。

美味しいものを食べたり、旅行に行ったり、欲しい物を購入したり…それが頻繁にあると、

当記事では『何故、年収が高い・低いに限らず固定費を減らすべきなのか?』『見直すべき固定費』『固定費を減らす方法』について書いています。

※この記事は理学療法士・作業療法士・介護士向けに記事を書いていますが、固定費を見直したい全ての人にもオススメの記事です

年収が高い・低いに限らず固定費を減らすべき理由

年収を上げる方法

医療職でも医師はかなり高い高水準にあります。年収1,200万円を超えることがザラであり、あらゆる職種を抜いてトップレベルです。

また僕のような作業療法士、そして理学療法士、介護士は400万円を超えたらよいほうで、なかなか難しい場合もあります。

みんな一生懸命働いているのに、ここまで年収が異なると少しだけイヤになりますよね(汗)

だから僕は当ブログで、作業療法士・理学療法士・介護士などのコメディカルが幸せに生きていく方法を書いているのです。

また正直に書きますが、このブログでもアフィリエイトサービスを活用しているので収益は発生しています。

自分も幸せになりたいし、同職種である療法士・介護士のも幸せになってほしい。人生を幸せに生きていくことだけに、僕は真剣に考えて、情報発信もしています。

何で「人が幸せになってほしい」なんて言えるのかというと、他者の幸せを望むことは、結果自分の幸福度も高まるからです。

人間の本来の脳の働きとして、他者貢献が自分の幸福度を高く感じることに、脳の働きとしてできているのです。

…少し熱くなり余談でしたが、結局ここで言いたいのは、年収が高い or 低いに限らず、毎月発生する固定費は極力減らしたほうが良いということです。

年収が高い人も固定費を減らすべき理由

年収が高い人は、意外に節約家が多いという人もいますが、逆に貯金が全くないという人もいます。

節約家という人は、お金の大切さを理解している人が多いです。お金があっても贅沢をせず、普通に暮らしていくだけのお金があればいいという考えを持っています。

そして年収が高いのに貯金がないという人は、お金が増える分、生活が贅沢になっていくパターンが多いです。

例えばタワーマンションに住む、高級車を購入する、旅行に頻繁に行く…など、お金が増えたら、その分たくさん使ってしまうということです。

見直すべき固定費と対策法

勉強中

生活で見直す固定費を紹介します。

家賃

「賃貸」ならなるべく費用をおさえるべきです。1人暮らしの人は1Kのアパート・マンションに住むか、「実家」に住むようにしましょう。

また新たに、賃貸を借りる人は絶対に『不動産に交渉依頼』をしましょう。頼めば、不動産が大家さんに交渉してくれるハズです。

通信費

1人1台は持っているスマートフォン。これは必須の固定費ですよね。

スマホを大手の携帯会社で契約している人は、1人で大体7,000円~8,000円程度費用が発生すると言われています。ハッキリ言って高すぎです。

スマホは「格安スマホ」を使用するべきです。

「格安スマホ」を扱う会社の基本料金やオプション料金を見直すことで、毎月発生するスマホ料金をお得に使用することができます。

格安スマホを使わない理由として「デメリットが多い」と思っている方も多いのではないでしょうか?

ハッキリ言って全くそんなことはありません。むしろメリットが多いです。

格安スマホのメリット・デメリット

まずは格安スマホのメリットを紹介します。

  • とにかく月額料金が安い!

知っている通り月額料金はかなり安いです。

格安スマホを使用している人の月額料金を聞くと月々1,500円~2,500円くらいの人が多くかなりスマホにかかる費用は節約できているといいます。

僕は「楽天モバイル」を使用しており…とある方法を使って月額料金0円で使っています。ハッキリ言ってかなり節約できます。※この方法はのちに記述

  • 回線が普通につながる(むしろ好調の場合も)

大手キャリアの回線を使用しているので全然つながりやすいです。

僕の経験談ですが、電波がつながりにくい場所でも格安スマホでは電波をつなげることができて、逆に大手キャリアの場合は全然つながらない…という出来事がありました。※ちなみに僕は「楽天モバイル」を使用

  • 不要なオプションに加入しなくて済む

格安スマホは直接店舗に行かないで、ネットで申し込む場合があるので、その場合はオプション加入は自分で設定できるということです。

そのため不要なオプションに加入しなくてすみます。

あと一人暮らしの人は固定電話は不要です。

保険

保険も様々な種類があります。

  • 生命保険

貴方が一人暮らしで生命保険に入っているならば、あまりオススメしません。家族ができたら掛け捨てタイプの生命保険に加入しましょう。

  • 自動車保険

自動車保険はゴールド免許を持っていて、運転に自信があるならば『インターネットで申し込むタイプのダイレクト型』をオススメします。

インターネット型の自動車保険の会社はいくつかあるので『一括見積』をオススメします。

ちなみに僕は『おとなの自動車保険』というダイレクト型保険に加入しています。この保険がサービス・保証内容がよく安く収まりました。

今まで無事故・ゴールド免許を持っている方にはオススメです。

毎月の定期購入品

使い捨てコンタクトレンズはネットで購入すると安いようです。

サプリメントは不要です。口から食べる野菜を食べましょう 。栄養価が高い食品としてはトマトとブロッコリーがオススメです。

肌荒れなんかにはビタミンがオススメで、サプリメント摂取している人もいますが、「自分は年収が低い」と思っている人は、サプリに頼らず食品で摂取しましょう。年収が低い人は自炊しましょう。

定期月額サービス

定期月額サービスも様々あります。使っていない、よく考えて不要だと思うサービスは解約しましょう。

  • スマートフォンアプリの月額サービス

スマートフォンアプリで月額費用が発生するサービスはあります。

本当にそれは必要なアプリですか?無料で代替えできるサービスはないですか?そこまで必要性が感じられないのであれば解約すべきです。

  • トレーニングジム

トレーニングジムは月額費用が発生する場合が多いです

申し込んで最初はよいものの、次第に行かなくなって、月に数回程度しか行っていない人はトレーニングジムは解約すべきです。

トレーニングジムは結局、自分との闘い。

まず『自宅でできる自重トレーニング』が習慣できてから、専用器具がそろっているトレーニングジムに通うべきです。

いきなり初心者がトレーニングジムに通うと、次第に行かなくなるのがオチです。

自宅でトレーニングを行い、何か物足りないという人は、トレーニングジムに通いましょう。それ以外の人は、解約をしましょう。

無駄な固定費は極力抑えて、より生産性が高いことに投資すべきです。

また理学療法士・作業療法士は「筋肉」に詳しいハズです。身体のどの部位に、どの筋肉があり、どの作用をしているのか…など。

筋肉に詳しいならば、効率よく鍛える方法を勉強しましょう。ある程度勉強すれば自宅トレーニングでも効率よく鍛えることができます。

理学療法士や作業療法士は筋肉の起始・停止や、効率の良いトレーニング方法を学ぶ自己研鑽のためにトレーニングジムを活用するのはアリだと思います。

又はパーソナルトレーナーをつけるのもアリです。効率よく生産的に身体を鍛えることができます。

介護士の方は介護度が高い職場で働いている場合、「腰痛」を引き起こしやすいです。そのため足・腰の筋トレは普段からやっておいた方がよいです。

てっとり早いのは自宅で簡単にできる「スクワット」をオススメします。

セラピストなら理解されていると思いますが、スクワットは大腿四頭筋、下腿三頭筋、臀部の筋肉(大臀筋・中臀筋)を鍛えるのに効率の良い筋トレです。

スクワットのコツは…

  • 足は肩幅にひらく
  • ゆっくりお尻をひく
  • 体はなるべく前傾しない
  • 1回を8秒程度かける(しゃがむのに4秒、立つのに4秒)

1日15回を2セット(朝・夜)行うことをオススメします。

固定費は削って、収入は増やす

シンプルな部屋

「固定費はできるだけ削るべき」という内容でした。

固定費を削ると、節約できる以外に、生活がシンプルになり生きやすくなります。結果そこから新たなスキルや勉強をして別なことに活かすことができます。

そして収入を増やすこともとても大切です。

このブログは理学療法士・作業療法士・介護士など医療従事者の方がみてくれている割合が多いと思います。正直、記事の最初にも述べましたが『年収はそこまで高くない』というのが正直なところでしょう。

そのため固定費を抑えつつ、収入を増やしていくことも大切です。

自分だけのスキルを活かして情報発信して稼ぐというのも一つの方法です。

スキルを活かした『ココナラ』というサイトがあります。

理学療法士・作業療法士・介護士としての医療職のスキルはもちろん、他に自慢のスキルがあったら情報発信していくのもオススメです。

また給料を上げるために『転職』もオススメです。

現在働いている会社の給料に不満があるならば、思いきって転職してみてはどうでしょうか?

給料条件が良い会社はたくさんあります。

固定費を減らして、収入は増やして、幸せに生きていきましょう

今回は以上です。

ありがとうございました。

療法士の年収を500万円以上にあげる方法
最新情報をチェックしよう!