職場の人間関係が楽になる方法 3選

職場で楽な人間関係

こんにちは、あいひろです。

私も作業療法士や介護の仕事をとおして、様々な人間関係に携わってきました。やはり職場での一番の問題は人間関係だと痛感しています。

逆に言えば人間関係が良好であれば、他に多少不満があっても、長く勤めることができる職場とも言えるでしょう。

今回は「職場の人間関係が楽になる3つの方法」について解説します。

この記事で分かること

  • 人間関係が楽になる3つの方法が分かる
  • 人間関係が楽になるアクションプランが分かる
  • 1位に伝えることができれば、人間関係が無敵になる

職場で人間関係が楽になれば、仕事もしやすくなります。

余計なストレスも軽減され、健康状態にも良いです。

なるべく人間関係を楽にすることを大切に!心掛けていきましょう!

【3位】八方美人になる

病院・福祉施設では様々な職種がいて関りがあります。

「関わりがある」、そこに人間関係が発生します。

多くの専門職はそれぞれの専門知識がありますが一人の人間です。個々の性格があり人間性があります。考え方も人それぞれです。

そんな多種多様な人間を相手に、良好な人間関係を築く方法は「八方美人になる」ことです。要するに誰とでも気兼ねなく接することです。

【2位】自分の意見はしっかり伝える

次に「自分の意見をしっかり伝える」という内容について解説です。

あなたは自分の意見を相手にしっかり伝えられていますか?これができない人が結構います。

なぜ、自分の意見を伝えられないのか?

  • 相手が不機嫌になったり嫌われるのを恐れるから
  • 自分の意見がバカなことを言っているのではないかと恐れているから
  • どう伝えていいか、よく分かっていないから

自分の意見をしっかり伝えるということは、もはや一つのスキルです。しかも相手が理解できるように、分かりやすいように伝えなければいけません。

嫌われるのを恐れるとか、自分の意見が的外れとか、そんなことを一切気にするのは止めましょう。

確かに伝え方は大切です。命令形や口調を強くすると相手も機嫌を損ねて、逆に伝わらないことになってしまいます。

逆に伝え方も丁寧にして、相手に意見を伝えれば、しっかり相手も話を聞くし、機嫌も損ねることはないと思います。

もし丁寧に伝えたとしても相手が機嫌を損ねたら、それは相手の都合であって自分には関係ありません。

的外れな意見で相手がバカにしてきたら、その人に意見を伝えることは止めて、極力関わらないようにしましょう。そういう人は、そういう人です。

【1位】相手を許す

最後の人間関係が楽になる方法は「許せない相手を許す」ことです。

※これは嫌いな人・許せない人がいる場合に限ります

どうしたって嫌なことを言われたり、パワハラ・モラハラをする上司だったり、許せない人がいると思います。

しかし許せない期間が長くても、人間はいずれ時間が経つと人を許すことができます。

先日、Twitterの別垢で以下のツイートをしました。

この「許せない相手を許す」ことができたとき、一人の人間として大きく成長できた証だと思います。

何より「許せない」ということは相手に執着しているということ。そんな無駄な時間を費やすのは本望ではないと思いませんか?

もっと、本当にやるべきことがあるはずです。人生の時間は有限です。

…今回は「人間関係が楽になる方法 3選」について紹介しました。

人間関係に苦しんでいる人、楽になりたい人が参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

職場で楽な人間関係
最新情報をチェックしよう!